心理的安全性を高め
話せる場量」を増や

組織診断後、上司・部下の双方同時アプローチ・改善
上司は1on1での問いかけ力&フィードバック力を強化
部下は自分の強みを理解してキャリア自律



このような課題でお困りではありませんか

エンゲージメントが上がらず策に困っている

「静かな退職」が増えています。組織の健康診断を定期的に行い、職場コミュニケーションの質を向上させることが肝要です。

1on1ミーティングが浸透しない

上司が部下に寄り添う姿勢やフィードバック力が信頼に繋がります。部下の1on1に対するマインドセットも重要です。

キャリア自律を進めても成果が見えてこない

キャリアを時間軸で捉え過ぎていませんか。目前の仕事に集中できる環境が幸福感やエンゲージメント向上につながります。

心理的安全性を高めるには、
「話せる場」と「話せる量」を増やすこと
組織と従業員、上司と部下の関係性を活性化します

組織データに基づき、上司・部下を同時に改善

トレーニングと当社による1on1分担により
最短半年でエンゲージメント向上を体感


特徴

01. 組織診断に基づき、エンゲージメント向上施策をご提案します

エンゲージメントを上げるには、従業員がやりがいや成長を実感できることが肝要です。データに基づいたコミュニケーション改善プログラムで、組織・職場のマインドセット支援と心理的安全性の醸成・定期確認を行っております。

02. 上司・部下両者の行動変容を前提とした、専門家による研修/コーチング

研修・コーチング後、徹底したリフレクションで現場実践・行動定着化を行います。上司は成長ファクターであるフィードバック力の向上部下は強みの発見とキャリア形成を考え抜きをます。

03. エンゲージメント向上の継続と効果測定

改善策を打ったあとも、組織文化になるまで継続的な現場コンタクトが求められます。リーダーシップや若手の自律マインドは一朝一夕では形成し得ません。定期的な組織・健康診断と、社員個々の定量・定性面の成長の見える化が鍵です。


効果測定ツール「via-learn」についての詳細はこちら


組織、職場の変革にお悩みの経営者人事の皆様へ

従業員エンゲージメント向上ラボ
発足のお知らせ
Employee Engagement Enhancement Lab - E3Lab.

【会員募集(無料)のお知らせ】

人の行動がどのように変われば、組織が変わりエンゲージメント向上できるかを
会員の皆様と一緒に考える、ワークショップ形式の研究会を発足します。
* 状況に応じてオンライン、オフラインの企画運営となります

このような課題感をお持ちの方におすすめ

1)様々な策を打つが、エンゲージメントがあがっていないと感じている
2)管理職が忙しく、部下育成がうまくいかない
3)1on1ミーティング実施状況が把握できていない
4)キャリア自律研修の効果が出ていない
5)若手社員の離職防止に悩んでいる
6)組織の心理的安全性が低いと感じる
7)ハラスメントが障壁で、職場のコミュニケーション量が減っている


実践経験、知識豊富なプロコーチや研修講師との協働プロジェクト企画です

外資系人事コンサルティングファーム経営層出身、米国州立大学元教授、
ICF(国際コーチ連盟)MCC /PCC、ストレングスファインダーコーチ
国家資格キャリアコンサルタント、等々

詳細の情報をお送りいたします

セミナー情報

NEWS

Contact

詳しくは、下記までお問い合わせください。